FC2ブログ
11

水入り

    クニノミチ       2018年10月11日




F-44-3.jpg
                クニノミチ


今日の天気予報は、午後から「雷」を伴う大雨とのことであるが、朝の天気は予
報を覆すほどの好天ではありませんかいな。
「予報は外れた!」と思い込みクニノミチへと急遽向かったのである。

今日は「ルアー」で狙ってみようと、仕掛けの準備を急ぎ左側の「メカタ」の先端
に釣り座を構えることに。


F-44-4.jpg


まずは表層からダイビングで攻めようと「ローデット」を先発の起用でスタート。
暫く続けるも反応が無く、シンキングの「OZMA」や「コンタクトベゼル」に変え
て投げ続けていたその時、背後の山をふっと振り向くと、ナント ナント真っ黒い
雨雲が襲い掛かるように迫って来ているではありませんかぁ~。

「こりゃ~やばい!!」・・・おまけ付きの雷に襲われる~~(汗)

「さあ~これから!」と臨戦態勢に入るも束の間く、水をさされる羽目に。
道具を片付け、一目散に退散と相成ったのである(汗)。




    赤松コクン潟         2018年10月9日


F-44.jpg
              赤松コクン潟



この磯は、フカセ釣りで入磯して以来の場所で、しかも数年間のブランクがあった
ことを想い起こすほど久し振りの磯である。
アカハタ狙いで入ったのであるが、この場所は「どんなもんかいな」と探りを擽ら
れての入磯となった。

一投目からヒットとなり好調な出だしとなった。
順調に釣果を伸ばし、しかも根掛りが少なく、ワーム、シンカーのロストも最小限
に抑えることが出来て、此の上無い釣りと思うほどあったが・・・


F-44-2.jpg



だが、ヒットしたアカハタをスカリに収めていたその時、一隻のカヌーがフィー
ルドに忍び込んで来たではありませんかいな。

沖にいるのは分かってはいたが、一瞬の間を見逃すこと無く待機していたとは予想
外のことであった。


F-44-1.jpg


どうやら、10月に入り「イセエビ漁」が解禁となったことで、網を仕掛けに入っ
て来たようである。
趣味の釣りとは違い、彼らには生活の掛かった職業であることを思えば、この場
を素直に譲るしかあるまい。

「いずれ又来れば良い」・・・今日の勝負は棚上げの 水入り と、自らを納得させ
るように大きな長息をついて撤収したのである。





スポンサーサイト
20

どんなもんかいな

    ツケゲイ          2018年9月20日



アカハタの魚影を探りに「ツケゲイ」の磯に入った。
冬のフカセ釣り以来の入磯で、根魚狙いでは初めてのことである。



F-45-2.jpg
                ツケゲイ


今日は、朝からどんよりとした厚い曇に覆われて、いつ泣き出してもおかしくない
空模様である。
予報が当たらないことを願って早々の開始となったのだが・・・


F-45.jpg


初っ端から良型のお目見えで期待を膨らませたのであるが、後続は途絶えて、
ポイント探りに負われる釣りとなってしまった。

磯の正面が好ポイントのように思われたのであるが、岩礁の先端は低く、穏やか
な今日の状況でも、上げ潮になると波が被り入れない。


F-45-1.jpg



賢明に両端を探り続けるも、心配していた雨が予報どうりに降り出して来た。
止む無く撤収と相成り、正味一時間半の「魚影探り」は、三尾で終えることに。










29

ロックフィッシュ

    石積ヶ鼻                2018年8月29日




F-46-1.jpg
               石積ヶ鼻


島の南端「石積lヶ鼻」の磯に入った。

この場所に入るのは久し振りであったが、今日は誰一人として釣人の姿が見当
たらない。
荒れ気味が続いている島の西側を諦めて来たのだが、まさか貸し切りになろう
とは思ってもみなかったことである。

広い釣り場だけに、チョッピリ寂しい気にもなる反面、自由に釣り座が選べるのは
此の上ないことでもあるのだが・・・


F-46-2 (2)


先ずは磯の左側先端「上台」からのスタートで、順調にレギュラーサイズを
確保はしたのだが、その後は当たりがピタリと止まった。

磯の中央へと移動開始。
高い岩場を背にする場所となり、日陰も確保されて釣り座の条件は良くなったが、
この場所特有の「サラシ」に悩まされることに。

重いシンカーに交換しようとしたが、忘れて来たことに気付き暫し呆然。
結局、最期まで14gで続ける羽目に・・・


F-46.jpg



勢い良く沖へと払い出すサラシに揉まれて、着底できないバレットシンカー。
サラシの緩んだ頃を見計らって、沖へと投げるものの、横風を受けて明後日の
方向へと流され撃沈。

次なる場所へと移動し続けるも状況は変わらず、中層で喰い付くゲストに翻弄
され終焉と相成った。






08

魚影は如何に

    アブラド              2018年7月8日



台風8号は猛烈に発達して西へと進み、島への影響は避けられそうである。
だが、如何に遠く離れていても、台風のウネリだけは間違いなく押し寄せて来る。

今日の釣りは、台風のウネリが寄せる西側を避けて、風裏にもなる東側へと向
かった。


F-49-2 (2)
             アブラド


今日の狙いはアカハタであるが、この場所でのトライは初めてなので、先ずは
広範囲に探りながらポイントを見つけることに。
釣り場の基から磯の先端へと・・・そして際からアシカ根周りの沖目へと。

根掛かりは少なく、比較的なだらかな海底の様子が伝わって来るが、最も肝心な
生命反応は伝わって来ない。

シャッドテールからカーリテールに変えて誘い、誘っては変えてもノーバイト。
14グラムのシンカーを追い風に乗せて、着底したらテンションを掛けては、
リフト&フォールの繰り返しにも活性は低く、喰い付いてもテールをかじられる
だけ。



F-49-1 (3)

やっとこさでお目見えしたのは、クローワームに変えてからのことである。
ポイントは磯の先端部に絞られてきたが、今日のコンディションからして、釣り座
が低い最先端は避けて、一段高い釣り座からのキャストとなった。

そして、続いた。



F-49 (3)


だが、その後は数を伸ばすことが出来ず最終釣果はご覧のとおり。



F-49-3 (2)


しかも、サイズは30前後の小・中クラスが主体で、40オーバーやヒット数を上
げるのは難しいフィールドであるとの印象を抱いて、開拓第一弾を終えることに。








29

白南風

    ヒラエ          2018年6月29日



気象庁は29日に、「梅雨が明けたようである」と発表した。
確信までには至らなかったのであろうか、消極的な言回しである。
しかしながら、「梅雨が明けた」となると、「鬱陶の世界」から解放されると
思うだけでも気分はすこぶる快晴になるのである。


F-50 (2)
             ヒラエ



今日は、ヒラエの磯にロックフィッシュの「アカハタ」狙いで入った。
前回の釣行では海水温が23度台と低く、活性がみられなかったアカハタで
あったが、数日前から黒潮本流が島を包み込み、26度台にまで上昇した
ことで活性への期待は満載となったのである。


  F-50-5.jpg F-51-3.jpg


島の陸っぱりでのアカハタ狙いは、海水温が最も重要な目安になるが、陸地から
の目安としているのがユリの花でもある。
海辺の「スカシユリ」のオレンジ色が消えて、入れ替わるように「サクユリ」の白
い花が現れる頃がシーズン インと感じるのは・・・吾輩だけであろうか・・・?




F-50-1 (2)

ヒラエの左隣になる月夜ヶ鼻は、連日の南風が治まらず、飛沫を浴びながらの
キャストとなったが、 どうにか一尾をゲットすることが出来た。
その後は、穏やかなヒラエのワンドに移り、ポイントを探りながらの釣りとなった。



F-50-2 (2)


40オーバーの良型も混じる大小不揃いの釣果であったが、開幕の手応えとし
ては十分なものであったと思えた。
梅雨明け同様、これからが本格的であると今日の「白南風」の空が教えてくれ
たような・・・
















 HOME