FC2ブログ
31

沖釣り

太公望は五目好き?       2010年3月28日

低気圧も過ぎ去り好天気となった28日、はつ丸に乗り込み八重根港を出港した。
港は数日振りのトビウオの水揚げとなり活気が戻った朝の様子であった。

s_013.jpg 

島の南を目指してひた走り、やがて漁場に着くと先陣を構える船がいた。山下丸であった。
「早いではないか!」と思ったが、よくよく考えてみたら我々の出発が1時間遅れであった事に気がついた。(笑)

s_008.jpg

棚は浅く、メジナ狙いからのスタートであった。「さぁ、遅れを取り戻そう」と意気込んで船長の合図を待つ。
我輩は舳座に陣取り、一投目を投げ込んですぐに当たりが来た。・・・が、間も無くバラしてしまった。
ドラッグの締めが甘かったのである。このことがしばらくの間、運から見放されることになってしまうのである。
浅場で流れの速い時のコマセ釣りでは、舳座は断然に不利となり結果は芳しくないのです。
[論より証拠]それでは、右舷に3人並び、中央の座に居た女性はどうなったのかご紹介いたします。

s_009.jpg

来た。来た。艫座に居た男性にメジナが来た。そして間髪を容れずに彼女にも・・・メジナ、メジナのオンパレードが続く。時折外道も喰らい付く。二の字、三の字、ウスバハギ、ムロアジ、サバそしてポイントを変えると、レンコダイやアカイサキやら何やらで・・・テンテコマイ。

s_010.jpg

「まぁ~、忙しいったらありゃしないワ!!・・・で、お隣さんはどうしたのかしら?・・・」
「あら~、暇そうネ!!・・・カメラを持ったままで、まだ、魚に触れてもいないのかしら?・・・」と太公望様の、
こんな呟きが聞こえてきそうな雰囲気にはまり込んだのです。

s_011.jpg

こんなことで前半を棒に振った我輩であったが、さすが船長、見るに見かねての事なのか定かではないが、船を大きく異動し、深いポイントへと変え始めた。
メジナを立て続けにあげてから、さらに200Mになると、ヒメダイ、アオダイ、キントキと続けざまにヒットしたのである。一時はどうなるかと思ったほどであったが、終盤の追い込みでどうにか帳尻を合わせることの出来た釣行であった。

s_014.jpg

はつ丸船長、お世話様でした。







スポンサーサイト
 HOME