FC2ブログ
--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26

ある日の出来事

予期せぬ寄港         2010年5月26日

23日 小笠原を4日前に出航して順調に航行していた八房号は、八丈島に近づいた頃に風が強くなり、続行を断念して急遽、八重根漁港に避難することになってしまった。
s_P1010046.jpg


24日 風のおさまるのを願っていたものの、逆に波浪、強風、雷、濃霧と注意報のオンパレードとなってしまった。特に霧は、ご覧のように深く垂れ込み、「この状態はしばらく続くのでは・・・」と思い込むほど深刻な状況になってしまったのである。
s_P1010047.jpg


25日 予想とは逆に霧が解けるのは早かったが、依然として波は高く、風もヨットには辛い吹き加減、こんな訳で本日も出航を断念

26日 朝の状況は前日よりも波は高く風も強い、これでは「今日も無理だ」と思っていたが正午に近づくにつれて穏やかになって来た。風もおさまり波も静まった頃、勇んでヨットに乗り込む伊佐馬さんと長渕さん。
s_P1010057.jpg


このようなことで、八丈島で3泊もの足止めを喰った御二方。ようやく島を離れることが出来て良かったですネ。
だけど、遠くからあなた方の乗ったヨットを望んでいると、凪ぎたとは言えまだ残るうねりの中で、木端のように波間に見え隠れする姿にチョッピリ不安も感じます。そして無事に千葉の母港へ着くことを祈りたくもなるのですが・・・
でもそれは、あなた方にとっては不要のことなのかもしれませんよネ。
ロマンの大海を直走りする者にとっては、ただ先に進むことしか考えていないでしょうから・・・きっと・・・
s_P1010063.jpg

伊佐馬さん、長渕さん、これからも頑張って直走りしてください。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。