13

四方磯綴 その2

   クニノミチ        2010年12月14日

八丈島を代表する地磯のクニノミチは、島の北端、中根ヶ崎の中央に
位置する磯です。
この磯は左側にはメカタ、右側にはシャナと呼ばれている三ヶ所の釣り
場から成り、いずれも年間を通して評価の高い人気のスポットになって
います。

フカセ釣り、カゴ釣りでの遠投、足下狙いから、投げ込みでの石物狙い
など、思い思いの釣りが出来るので、釣り人の姿は常に絶えることの無
い磯です。

反面、この磯は西から東寄りの強い風やウネリには弱いので、当日の天
候の充分な把握と、現地での的確な判断が必要となります。

s_A-007.jpg

磯は沿道から比較的近く、足場も良いので安心して入ることが出来ます。

「クニノミチは、かって遠流の地として流された人々が、故郷を馳せ偲び
名付けたと伝えられていることから、隠れた観光スポットとして、時折
観光客が訪れる場所でもあります。」

s_A-006.jpg

磯への道を進むと海が見渡せる高台へと出ます。
そこから急斜面の階段を下ると、左側がメカタの磯になります。
この場所は釣り座は良く、フカセ、カゴ釣りで攻めますが、西
~北の風には高波を被り易く、危険となります。

                     (メカタ)
s_A-008.jpg s_A-009.jpg
     釣り座の安定した手前         カゴでの遠投の先端


メカタの右隣りが、中央に位置するクニノミチです。
先端は、同傾斜で海中へと沈み込み、あたかも、遥か先の本土へと向
かっているかのように思い浮かべ、「国へと続く道」と名付たようです。

鼻の両サイドがポイントで、投げ込みの場合には、左側前方が狙いです。
先端は地形上、波が這い上がりやすいので細心の注意を要します。
釣り座は平坦で釣り易いが、西~東寄りの風やウネリには特に弱いので
念頭に入れておくことが肝心です。

           (クニノミチ)
s_A-010.jpg
            メカタ側のワンド

s_A-011.jpg
             波を被る先端


右側に位置するのがシャナと呼ばれている釣り場です。
この場所は東側に向いているので、西~北の風には比較的安心です。
先端からは投げ込み、カゴでの遠投、右サイドからはフカセとカゴの
遠投が面白い。

             (シャナ)
s_A-012.jpg
         釣り座は隠れて見えないが・・・

s_A-013.jpg s_A-014.jpg
  サイドの高い釣り座の様子です。 他が入れなくてもここは安心です。   

     
   

  海水温も下がり、いよいよメジナのシーズン突入です。
  是非、八丈島の磯釣りをお楽しみください。
  お待ちしております。
スポンサーサイト
 HOME