FC2ブログ
--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

ザ・菜園 1

    春よ来い       2011年3月30日


大地震、大津波に遭われてから、早20日になろうとしているが、未だ余震が続き
一向に治まる気配が感じられない。
社会状況も震災という魔物の残しものに翻弄され、困惑の渦から抜け出せずに苦悩
し続けている。
けれども、「日常」という本来の姿を取り戻すために、悪戦苦闘しながらも懸命に
先へと向かっている限り、必ずや灯りは見えてくる筈である。

ガンバ東日本!! いや、ガンバ日本!!
日本国民 1億総勢でガンバの大合唱だ!!



さて、弥生の月も後僅かとなりました。
人々の心の中はと言えば、春を忘れてしまったかのように塞ぎ気味・・・
では、チョット気分転換に大地の様子を菜園から覗いて見ましょう。

s_B-165.jpg


元気に 元気に春野菜が息吹いていますヨ。
                 キヌサヤちゃんがいっぱいです。
s_B-160.jpg s_B-161.jpg

         こちらはレタスと美味しそうなブロッコリーですヨ。
s_B-163.jpg s_B-164.jpg

         こちらはトウ立ち前のカキナとキャベツ
s_B-162.jpg s_B-166.jpg

           紫キャベツは生育中、収穫はもう少し先です。
         s_B-168.jpg

こちらはソラマメです。
この野菜は豆だけに小まめに手を掛けないと良いものが収穫できません(笑)
まずは風対策のネットを張って転倒防止が必要です。(ネットは可動式です)
s_B-167.jpg

s_B-169.jpg



次に大切なのは芽掻きです。幹からの脇芽と株元の遅れて出る芽を掻き取ります。
s_B-172.jpg s_B-170.jpg

            s_B-173.jpg


ヒトリガの幼虫も厄介もの。(今年は低温が続いたせいなのか発生は少ないです)
           s_B-171.jpg

花が咲き終わり、小さいサヤが覗きはじめたら摘心の作業が待っています。




大地は、春の訪れを肌で感じさせてくれます。
人の心も、いずれは必ずや訪れる春を信じています。
頑張るしかない現実を受け入れ、先に進むことを失わなければ
いっかはきっと、あたたかい春が・・・   そこに

    




スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。