FC2ブログ
26

低水温

    冷水塊に包み込まれて             2013年5月26日



冷水塊が南下して八丈島を包み込んだ。

20℃台の低水温が続いていたが、更に下がって16~17℃台、この影響を受けてか、
間もなく満潮を迎える時刻なのに水位は下がったままである。


E-440.jpg
                    月夜ヶ鼻

入った磯は「月夜ヶ鼻」、ご覧のようなベタ凪ではマズ目が勝負と決め、狙いのフカセ
釣りの前にカゴ遠投を試みる・・・だが、当たりはサッパリ。

陽は大きく西に傾き茜に染まり始めると、逸る気がフカセへと急かせる。

限られた時間での勝負、マキエの回数も増えて気合も籠るのだが・・・
来たのはこのお方。


  E-442.jpg
                   ムロアジ

萎なる気分を執り直して、次へと期待を込めたその瞬間、ウキは大きく消し込まれた。
手ごたえ十分、ドラグが唸りラインが一瞬引き出される。

これはメジナだ! しかもデカイ!と震撼の稲妻が全身を走る。
だが、竿から手に伝わる振動は正直者、情けない勘違いであることをキッチリ伝えて、望み
を瞬時に吹き飛ばす。

                     

  E-441.jpg


いらっしゃいましたのはササヨ(イスズミ)、定着したかのような最近のパターンである。
低水温ではメジナよりも活性は低いはずなのに・・・なぜ なぜ??

そして、この低水温では無理であろうと、半ば諦めかけていたのだが・・・


なんと、ナント、狙いのメジナが突然いらっしゃったのです。


  E-443.jpg


水温低下時では、「やっとこさ」の一尾であった。

水温の上昇が待たれるその時には、きっと活性も上がって来ることであろうが、今日は
辛抱・辛抱の釣りとなった。


E-444.jpg

望みを繋いで、陽もスッカリ沈み、茜も薄らいで来た磯を後にした。








スポンサーサイト
 HOME