FC2ブログ
26

明日葉

    苗の植え付け                  2013年11月26日




E-680.jpg


明日葉は多年草であるが、2~3年で成長を終えて開花結実すると枯れてしまいます。
したがって、生産農家では1年目の苗を秋に植え付けて、冬には摘み取りが出来るまでに
成長させて出荷を計ることになります。

生産性の安定を図るために一株ごとの植え付けとなり、全て手作業で行われます。

植付けを終えると、ご覧のように整然とした圃場に衣替えをして、霜月の風情を担うまで
に盛んな産業になって来たことを感じさせます。




E-681.jpg



明日葉の名の由来は「夕べに葉を摘んでも明日には目が出る」と形容されるほど、強靱で
発育が旺盛であることから来ているようです。

又、八丈草(はちじょうそう)、明日草(あしたぐさ)、明日穂(あしたぼ)の別名もあるようです。

健康野菜として注目されたのは近年で、成分が明らかになるにつれて、その価値が際立っ
ていることに起因しているようです。



E-682.jpg


明日葉は冬から春にかけて生育旺盛となります。
これからが本格的な旬を迎えるシーズン、是非、パワーを秘めた健康野菜をご賞味ください。

ペンションでは農薬は一切使わずに栽培しており、安心、安全のご提供に努めております。
どうぞ、「八丈島の明日葉料理」をご堪能頂けますようお待ち申し上げます。






スポンサーサイト
 HOME