30

やっとルンルン

    待ちに待った開花                     2015年3月30日



待ちに待ったフリージアの開花がようやく始まった。
今季は、開花まじかに低温が続いて硬い蕾のままでうずくまっていたが、その後、次第に天
候が回復し、本来の暖かい春の日差しが訪れたことで、俄かに開花が始まったのである。

フリージア畑の花々は、開花が遅れた分を取り戻そうと大童となってしまった。


 F-280.jpg


ご覧のように、一足早く咲いたものは既に満開である。
他のものも、後に続けとばかりに急かされた「開花前線」の目映い光景が広がる


 F-281.jpg
 
 F-282.jpg



どの花々も端麗で、個性溢れた艶やかな色合いではありませんかいな。
画面からは甘い香りが漂って来るようで、思わず軽い深呼吸をしてみたくなるような・・・


 F-284.jpg

 F-283.jpg

 F-285.jpg



平謝りであったシロッパチも開花の知らせに一安心。
だけど、拘りが残るのか、それともトラキチに叱られたことが気に残るのか、チョッピリ浮か
ぬご様子ではありませんかいにゃぁ~。

        F-287.jpg





そして、こちらは摘み取りのコーナー。
まだまだ蕾の多い一分咲き程度ですが、お土産用の摘み取りには最適ですぅ~。


 F-285 (2)



フリージア畑から八丈富士を見上げると、その裾野には「オオシマザクラ」が山肌を白く染め
上げて、ひょうたん島の春化粧の主役を、誇らしく演じているかのように魅せています。
変わること無く、今年も又、季節の訪れを粛々と伝えているのです。

F-286.jpg


                 どうぞ 春化粧の島をお尋ねください。
                    お待ちしております。





スポンサーサイト
 HOME