13

梅雨入り

     鬱陶の世界              2016年6月13日



F-102.jpg

昨日までの「初夏の陽気」は小休止して、朝からひんやりとした霧雨に覆われて
しまった。
心がむすぼれて晴れやかならぬ、「鬱陶の世界」の本格的な到来である。
だが、この季節を待ち構えていたかのように、見る人々を魅了する島の花々を
そっと覗いて見ることに。


    F-102-1.jpg
             アオノクマタケラン



    F-102-2.jpg
                ディゴ



F-102-5.jpg F-102-6.jpg
       ガクアジサイ             ボタンボウフウ             



F-102-8.jpg F-102-9.jpg
       テリハノイバラ           アガパンサス





      F-102-3.jpg
                スカシユリ

海辺の溶岩台地に根を張り、厳しい環境を乗り越えて花を咲かせるスカシユリ。
力強く生き抜くその姿には「鬱陶の世界」は無縁の世界であろうか・・・。
可憐で清々しい趣は、雨に濡れても目映いほどに輝いているのである。


F-102-4.jpg F-102-10.jpg
         二色咲              グァバ


    F-102-7.jpg
             ハマオモト(ハマユウ)






スポンサーサイト
 HOME