FC2ブログ
16

ジャストタイム

    日没間際                  2016年3月16日




黒潮本流は、北へと移動して八丈島から離れ去った。
水温は19度台に落着ついて、メジナの活性には好条件と思われるのだが、本島
周りでの釣果には繋がらず苦戦している。

今日も半信半疑のスタートとなった。


  F-108-2.jpg
                  ヨコモウ

入った磯は永郷地磯のヨコモウ。
岩ノリ採取時期のこともあり、頃合いをはかっての入磯と心得てはいたものの、
その場に立つと、些か遠慮がちとなるものである。
磯の周囲を見渡し、採取を終えていることを確認して釣りの開始となった。

そして、最初にいらっしゃったのはこのお方。


  F-108-4.jpg
                 舞鯛

実に久しぶり、いつもの艶やかさを魅せてのブーちゃんであった。


その後に続いたのがこのお方。
凄まじいパワーに圧倒されながらもゲットした カリキヌ(サンノジ)は難敵であった。
3キロクラスともなると、2.2号のロッド、3000番のスピニング、5号の
ハリスでは、終始防戦を強いられたが、どうにか時間をかけての攻防を制した。



   F-110-4.jpg
                サンノジ

強靭さを発揮した頼れるロッド ベイシス イソ  2.2号 530

   F-108-1.jpg
                      

本命不在のまま時間は過ぎて、西の空は茜色に染まり始めた頃、いつもはフィナー
レの御出ましであるが、なんと、今日はメジナ交響曲第5番が突如として流れて
来たのである。

いつもであれば、「今日はこれまで・・・」と諦めモードになっていたが、今の
様子は違うと感じ取る間も無く、怒涛の時合が突如津波のごとく押し寄せて来た。
次々と・・・更に次へと・・・。


DSC03302.jpg
                 オナガメジナ


気が付けば陽は沈み、色褪せた茜空も今日の日に別れを告げるかのように消
えかけていた。
そして、日没間際からのメジナ乱舞も終焉と相成った。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bluemarlin8jo.blog129.fc2.com/tb.php/259-60608b3e