FC2ブログ
--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

引き潮

    長引く低水温                2016年7月2日



島の海は、冷水塊に包み込まれた状態が依然として続き、低水温から逃れること
が出来ない異例の事態となっっている。
文月に入り「海のシーズン」の幕開けとなったものの、海水は冷たいままである。

まだ梅雨の最中ではあるが、雨上がりの雲間から差し込む日差しは強烈に肌を
刺し、鬱陶しさも手伝って、急かせるように海へと向かわせるのであるが・・・


F-101-2.jpg
                底土海水浴場



朝から涼しさを求めてやっては来たものの、低水温のおかげで水位はご覧のとおり
です。
下がりに下がって、隠れていた岩礁や石ころが「こんにちわ」の状態ではありませ
んかいな。


それでも海に入れば沖合を目指してのスノーケリング。

F-101-6.jpg


だが、こちらにも岩礁が顔を出して「こんにちわ」でぇ~す。
今日の海水浴場は、大潮の干潮と低水温が重なって見事なまでの引き潮である。

極めつけはこちら。

F-101-3.jpg

部活であろうか、普段はお子様用のビーチなのに、この際とばかりに練習場にして
いるではありませんか。
練習を終えたその後は、海へドボーンなのでしょうかねぇ~。


こちらは前日の「クレベー」とやらの磯、見事なまでの引き潮である。


F-101-1.jpg

早速、冷たい海水に膝まで浸かってのウニ採り。
石物の撒き餌に使うウニであるが、長時間浸かっていると足に冷えを感じるほど
の低水温である。


   F-101.jpg


石物も水温の影響を受けて釣果に乏しい。
投げ込み釣り」は、もう少しの水温上昇が待たれるところであろうか。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bluemarlin8jo.blog129.fc2.com/tb.php/266-424268d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。