FC2ブログ
22

お待ち兼ね

   月夜ヶ鼻                   2017年4月22日



長期間に渡り冷水塊に覆われた状態が続いていたが、ようやくにして水温上昇の
兆しを見せてきた。

それでも16度と低いことには変わらないのであるが、「同じ状態で長く続くこと
は安定へと繋がるもの」と一般的には評価されている。
それに加えて、若干でも上昇ともなれば期待は膨らむ一方なのであるが・・・



F-83-1.jpg


入った磯は、岩ノリを採った場所である「月夜ヶ鼻」。

早速、辺りを見渡すと、その当時の活気溢れる海藻の息吹は何処にも無く、白く
枯れ果てた姿だけが一面を覆い、真に「終焉」を告げる光景であった。

季節の変わり目とはこのようなことであろうか、卯月も終わりを迎え寂寥感の
漂う磯となっていた。



    F-83-2.jpg


今日の磯は、他に釣り人の姿は無く、海の穏やかさも手伝い静まり返った磯であ
った。

今回は、以前から興味があったが使うチャンスが中々訪れ無かったロッド、「ゼロ
サム弾V3」を試すことに。

すると、結果は間を置くことなく直ぐに出た。


F-83-3.jpg
                オナガメジナ


時合となったのであろうか バタバタ と続いて来た。

だが・・・その後、満潮を迎え潮が止まってからは、反応もピタリと止まり静まり
返ってしまうことに。

    F-83.jpg
 

撤収を静かに待っている番らしきウミネコに、急かされながら帰りの身支度を・・・
もう少しの水温上昇を願いつつ釣り場を後にした。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bluemarlin8jo.blog129.fc2.com/tb.php/288-0e2507de