FC2ブログ
--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13

梅雨入り息差

    雨の花々 その1          2017年6月13日



数日前に梅雨入り宣言は出されたものの、本格的な訪れは少し先のように思わ
れる。

皐月の陽光が、名残り惜しむかのように消え去って行く中、水無月の花々たちが
次なる出番は我とばかりに、曇天の下で静かに息衝く。

やがて、日差しと入れ替わるように静寂の世界に「色彩と香」を放ち、鬱陶の世界
を躍動し魅了するのである。


F-79.jpg
             アメリカデイゴ


初夏を彩るアメリカデイゴは色鮮やかな真紅の花で、黒と深紅のサンゴシトウに
比べてやや開花が早い。
南国の花らしく、しっとりとした梅雨の趣よりも、日差しの中が生き生きと映えて
見応えのある花である。


F-79-1.jpg
             アオノクマタケラン

草丈1~1.5Mの多年草で花は白く、花径の先に円錐状に花序を出し、側枝の先
に3~4個付ける。
果実は球形で直径1cm程度で赤熟し、晩秋から冬にかけて鑑賞用に重宝される。
半日蔭で旺盛に生育して、特に雑木林の下では、他を寄せ付けない程、繁殖力は
旺盛である。


F-79-2.jpg
           グァバの花

花言葉は強健で、7月8日の誕生花のようである。
白い5枚の花弁に多数のおしべを持ち、淑やかさの漂う花である。


F-79-3.jpg
           玄関先のサンパチェンス


これから、アガパンサス、スカシユリ、ブーゲンビリア、ゲットウ、ハマオモト・・・
水無月の花々をお楽しみいただけます。






スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bluemarlin8jo.blog129.fc2.com/tb.php/292-9ab32ac2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。