FC2ブログ
11

執拗な奴ら

    ロックフィッシュ            2017年9月11日



長月に入り日差しもだいぶ和らいで来た。
だが、海の中は黒潮の湯水に浸かり、「夏真っ盛り」のようである。
冷水塊の執拗な包囲網に苦しめられ続けた海は、すっかり解放されて夏気分の
真っただ中となった。
釣趣も一歩後退の8月感覚となって向き合うことに。


F-68-2.jpg
                  月夜ヶ鼻


この周辺磯の海水温は28度台、アカハタの活性には、ちょいと高めであろうか。

先ずは、身餌の投げ込み釣りの開始となったのであるが、錘の着底前からショゴ
(カンパチ)の「小突く」当たりを終始浴びる破目に。
この攻撃が続く・・・執拗に続き。


F-68-3.jpg


西側のポイントから東側のポイントに替えても結果は同じ、実に魚影が濃く、高い
活性である。
これでは、狙いのアカハタに「エサが届く前に横取りされてしまう」と、前回の
教訓から得た次の手を試してみることに。


F-68.jpg


身餌の投げ込み釣りを諦めて、躊躇いも無くルアーに変更。
テキサスリグにロックフィッシュ用ワームを取り付け投げたが、またしても喰らい
付いたのは「執拗な奴ら」。
真に呆れ返るほどの貪欲さである。(笑)

それでも最後に・・・何とか。


F-68-1.jpg


最後の最後に本命、かつて無い貴重な一尾を味わった。(苦笑)







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bluemarlin8jo.blog129.fc2.com/tb.php/302-d1542a72